中津峡ドライブ|山岳ドライブ

中津峡ドライブ


アメ車 静岡 / バイク便八王子立川所沢

中津峡へ行くには関越自動車道花園インターチェンジでおり、国道140号線を進み甲斐街道経由で行くことができます。中津峡とは荒川上流の一支流、中津川の旧塩沢地区と中津川地区間の約10キロもの長さがある渓谷のことで、深山から流れ出す清流と両岸にそそり立つ断崖絶壁が有名です。清流は谷を作り、奇岩怪石を洗っています。ここには紅葉の時期には中双里から中津川までの間に変化に富んだ形の岩肌に紅葉錦の紅葉樹が茂り道路まで迫っていますので見応え十分の景観となっています。ここの紅葉は日本紅葉百選にも選ばれています。この少し先には中双里と中津川の中間、岩盤そそり立つ絶壁に樹齢300余年の立派なもみじがあり、艶やかな男女がこの地に現れて2人の姿が2本のもみじに似ていたということから名が付いた女郎もみじと呼ばれるもみじがあります。県道210号線を中双里から来て持桶トンネルの手前にあります。この210号線を進んで行くと広葉樹林に囲まれた金山志賀坂林道に入り、この道路はヘアピンカーブが続く細い道となっていますが舗装されていますので普通車でも通行することができます。八丁トンネルを抜けると秋の時期には紅葉景色が目の前に広がります。このあたりは志賀坂峠となります。

PRリンク