奥武蔵グリーンラインドライブ|山岳ドライブ

奥武蔵グリーンラインドライブ


アメ車 静岡 / バイク便八王子立川所沢

圏央道挟山インターチェンジでおりて地方道347号線、70号線の飯能名栗線を進んで行くと有馬渓谷が見えてきます。有馬渓谷は東西に広がる名栗湖の西岸で、有間川の流れに冴える木々が紅葉の季節には彩きれいに見れます。釣りを楽しむこともできます。名栗湖は名栗川の支流の有間川をせき止めた有馬ダムによってできた人工の湖です。カヌーを借りて遊ぶことができます。湖畔にはカフェや日帰り温泉がありますのでドライブの途中休憩として観光を兼ねて立ち寄るのも良いです。ここから53号線を北上して行くと奥武蔵グリーンラインに突入できます。奥武蔵グリーンライン沿いにも紅葉スポットがあります。まず出てくるのが関八州見晴台で、武蔵、相模、下総、上総、安房、上野、下野、常陸の関東八州が一望することができたことから名づけられた見晴台です。紅葉の景色の向こうには都心の高層ビルまでも見渡すことができます。そこから少し走ったところに関東三大不動尊のひとつである高山不動尊があります。入口には県指定の天然記念物であるオオイチョウがあり、11月下旬頃に葉が色づきます。更に道を進んで行くと黒山三滝があります。男滝、女滝、天狗滝の総称で、イロハカエデ、ウルシ、ナラが滝の周囲を彩ます。

PRリンク