渡良瀬渓谷ドライブ|山岳ドライブ

渡良瀬渓谷ドライブ


アメ車 静岡 / バイク便八王子立川所沢

関越自動車道の太田藪坂インターチェンジでおりて地方道69号経由で国道122号線を北上して、渓谷鐡道や森林や渓谷など多彩な景色を見せる渡良瀬川河岸と並行して走っていくと、、最初の大間々地区にある渡良瀬川の清流と断崖に秋の紅葉が生える景観地を持つ高津戸峡があります。はねたき橋から高津戸橋まで遊歩道が整備されていますので散策しながらじっくりと広葉を楽しむことができます。ここからしばらく北上していくと渡良瀬渓谷があります。清流が刻む渡良瀬渓谷は大小の岩や石と紅葉がマッチして、更に紅葉の隙間から渓谷を走るクラシカルなトロッコ列車が見えるという素敵な景色を望むことができます。草木湖畔には展望スポットが点在しています。この草木湖は渡良瀬川上流のダム湖でナラやブナなどが色づきます。湖の周りには遊歩道が整備されていますので散策でき、湖畔には冨弘美術館もあります。国の天然記念物であるオオワシを運が良ければ見ることもできます。更に北上すると庚申山があり、滝沢馬琴の南総里見八犬伝にも名前が記載されている山です。秋の時期には白樺林の黄葉が鮮やかに広がります。ここで見られるコウシンソウは庚申山で発見された特別天然記念物です。

PRリンク